マスパーティ杯への挑戦状

今年7月、昨年まで3年間行われていた数学の祭典MATH POWERが開催されないことが決まり、落胆の声もありました。

 

しかし、有志により数学の楽しみ方の見本市「マスパーティ」が開催されることが決定し、企画の1つとして素数大富豪大会「マスパーティ杯」の開催も決まりました!!!

 

マスパーティHPリンク

mathparty.localinfo.jp

 

開催概要

日時

2019年10月19日(土)21:00頃~翌早朝(一般の部)

2019年10月20日(日)朝(ジュニアの部)

※正確な時間は、タイムテーブルが確定しましたら再度お知らせします。

 

今回は、深夜開催の一般の部に加え、18歳未満を主な対象とした朝開催の「ジュニアの部」を設けます。MATH POWER杯に参加できなかった高校生以下の皆様も奮って参加いただけたらと思います!

 

チケットの枚数がある程度限られることもあり、今回素数大富豪大会に参加したい方にはなるべく逃してほしくないので、既に昨年のMATH POWER杯でベスト8以上の方には個別にメッセージで送ってありますが*1、ここにて「挑戦状」という形でお知らせさせていただきます。

 

f:id:prm9973:20190902214229j:plain

 

チャンピオンから挑戦状って逆じゃないか?というツッコミはあるとは思いますがご愛嬌を(笑)

 

私はスタッフの一員として運営に関わらせていただきますが、もちろんプレイヤーとしても出場予定ですので、皆さんとマスパーティ杯で戦えることを心より楽しみにしております。

 

エントリーは当日の受付にて行いますが、ある程度人数把握ができると大変助かりますので、参加希望の場合は、9月7日(土)13:00にPeatixにて販売開始されるチケットの購入を前提に、

①お名前(ニックネーム可)

②参加希望枠(一般の部orジュニアの部)

をもりしーまで連絡いただけると嬉しいです。もちろん当日に参加を確定させても大丈夫です!

 

 

 

ではここからは、素数大富豪大会の歴史を振り返りながら、開催に向けた思いを少しばかり。

 

確かにゲーム性はここ2、3年で大きく変わりました

素数大富豪が考案されて5年、初めての大会が開催されて3年が経ちました。

トランプの数字を並べて素数を作ることで、大きい素数も扱うことができたり、思いもよらぬ素数との出会いがあったりすることがこのゲームの大きな魅力であることは周知の事実です。

また、ゲームとしての特性上、戦略を立てたり、より相手に返されにくい素数を「技」として覚えたうえで出すこともでき、それも面白さの一つです。

 

私が素数大富豪を知ったのは2017年3月頃、MATH POWER2016で初めての大会が行われ、素数大富豪アドベントカレンダーが25日間埋まり、CPU対戦やオンライン対戦がブラウザでできるようになり、二世さんが札幌に素数大富豪で遊ぼう会を創設した直後のタイミングです*2素数大富豪が、数学界隈を中心にまさに勢いよく広がりを見せていた頃でした。

 

そのころの主なプレイヤーたちがどの程度の素数を覚えていたかというと、せいぜい3枚出し6桁素数までで、それは第1回MATH POWER杯で出された最大の素数が131011であることからもわかります*3*4

 

素数力が似通っている場合、勝敗を左右するのは手札運と戦略の運び方となりますが、それを象徴した鰺坂もっちょ氏のツイートがこちら。

第1回大会の決勝で敗れた鰺坂氏は、「ただの素数たくさん覚えてる人だった」と自身を評しています。

 

2017年の第2回大会も、みうら氏などの一部のプレイヤーが4枚出しにも手をつけはじめていた程度で、レベルは2016年と大差なかったように思います。

この年初出場だった私は、3枚出しまでをほぼ完ぺきにして、CPU対戦で4枚出しをある程度身につけた上で大会に臨んだので、前年チャンピオンのみうら氏を破って優勝することができました。この時ですら、5枚出し以上は全員がほぼノータッチでした。

 

ハイパーインフレの始まりは、第2回MATH POWER杯後のことでした

第2回MATH POWER杯での優勝をきっかけに、私はブログ等で素数大富豪の普及活動をはじめ、大会の経験から強くなる近道などを紹介するようになりました。このころ、現在の素数大富豪にも直接つながる戦法(4-4-3戦法など)が確立していきました。

当時の記事がこちらです*5

prm9973.hatenablog.com

 

同時に、MATH POWER2017を見て、素数大富豪に興味を持ったという人たちが2017年年末~2018年年初にかけて続々と参入してきました。

このタイミングで参入してきた人たちが、その後2018年のせきゅーん杯、第3回MATH POWER杯での上位入賞者となっていきます。

 

2018年初頭から始まったハイパーインフレは、1月のせきゅーん杯で優勝したカステラ氏が5枚10桁素数をマスターしていたことなどをきっかけに白熱し、5枚出し以上の研究が盛んになりました。泥沼の始まりです...笑

春頃には、OTTY氏が7~8枚出しの四つ子素数を使い始めるなど、人によって「得意な素数」の特徴がはっきり出始めたのもこの時期です。

 

それから1年ほど経った今も、このハイパーインフレ現象は継続しており、最近の試合では、初期手札枚数の11枚を超えた素数が飛び交うこともあります。

 

結局素数たくさん覚えてるほうが強いの!?!?

戦略多様性の伸び以上に素数多様性が伸びている現状では、時間が経てば経つほど、素数を多く覚えてる人が強いということになります。2016年とは打って変わってです。

素数大富豪はゲームの特性上、半ば無制限に素数を開拓できてしまうので、素数を開拓する方が伸びしろが大きいのです。

 

じゃあ、これからは新規参入はますます難しいってこと!?!?

そんなことはありません!!!

もちろん、初心者がトップ層に追いつくまでの敷居は、以前に比べたら格段に上がったのは事実です。特に大会のような場だと、2017年頃までは初心者でもベスト8~4に入れましたが、今は正直難しいかもしれません。

 

しかし、過去の研究の蓄積により、素数表や戦術などのノウハウがたまってきているので、以前よりも強くなりたければ簡単(?)に強くなれるようになりました。

 

また、そこまでストイックに素数を覚えるモチベーションはないけど、素数大富豪で楽しみたいと思っている方も多いと思います。むしろ、そういった方々の層が厚くてこその素数大富豪だとも思います

そして彼ら彼女らは初心者にとっては一番よい手本になります。素数大富豪で遊ぼう会などの交流できる場や、オンラインなどで気軽に対戦して楽しみましょう!

 

素数大富豪が何たるかを知り、ある程度遊ぶことのできる人は確実に増えているので、新規参入は以前よりもしやすくなっているはずなのです。

 

最後に...

ここまで読んでくださった皆さんはきっと素数大富豪が好きな人や、興味のある人が多いと思います。

今年、おかげさまでこうしてマスパーティ杯が開催されることが決まりましたが、来年も開催されるとは限りません!突然なくなるかもしれません。

 

それなら、今年参加すればいいじゃん!!!!!

 

というわけで、素数大富豪でまだ遊んだことがないあなたも、イベント等で1、2度遊んできりのあなたも、過去に大会に出たけれども最近はあまりプレイしていないあなたも、素数大富豪が好きでしょうがなくて毎日遊んでるあなたも、この機会にマスパーティ杯への出場を、心よりお待ちしております。

 

もちろん私は三連覇を目指します!かかってこい!!!

*1:ありがたいことに、9/2 21:00現在、昨年のベスト8以上全員からの参加意思表明をいただいております。

*2:ただしこの頃私は大学在学中で本州にいたため、札幌の素数大富豪で遊ぼう会に初めて顔を出すのはその半年後でした

*3:こちらの記事参照。

nisei.hatenablog.com

*4:もちろん246810121などの一部の大きい素数はコアな層には知られていましたが、実際の試合で出てくることはあまり多くなかったと思います。

*5:今思い返してみれば、当時にこの記事を出したのは画期的だったなあと。まさかこの後これをベースに強いプレイヤーが多く集まり、素数ハイパーインフレが起こるとは思ってもいませんでした...

素数大富豪で遊ぼう会in札幌 2019年4~7月

ブログでは久々になります。私生活ではカレー屋経営が始動したりして、日々ぼちぼちやっております。

 

本題ではありませんが、昨日2019年7月30日は全く気温が下がらず、札幌の最低気温が歴代最高を2.3℃も更新する27.4℃となりました。

これは全国的に見てもかなり高い値だったそうで、東京や那覇よりも蒸し暑い夜が続いております。(7/31 AM1時現在も28℃です)

 

素数大富豪ですが、今年の4月からOTTYさんが北大素数大富豪同好会を立ち上げたこともあり、札幌の素数大富豪界隈は昨年よりも賑わいを見せています。

4月から7月で計4回開催しましたが、どの回も10人以上の参加があり、大変うれしい限りです!

北大の1年生も何名か参加されています。

 

開催概要記録

第36回 419の巻

2019年4月19日(金)16:00~20:30 @クラーク会館

参加人数:10人

 

第37回 523の巻(20190523左切り取り可能素数素数大富豪5周年記念)

2019年5月23日(木)16:00~22:00 @アカシア若者活動センター

参加人数:11人

 

第38回 619の巻

2019年6月19日(水)16:00~22:00 @アカシア若者活動センター

参加人数:12人

 

第39回 719の巻

2019年7月19日(金)16:00~22:00 @アカシア若者活動センター

参加人数:12人

 

419の巻

平成31年最後の遊ぼう会。素数大富豪同好会の立ち上げ直後で、新入生も来てくれました。

 

 

新入生の果敢さが素晴らしかったです。

 

523の巻

この前後はとにかくいろいろなことがありました。

まず私がカレー屋を始めたのが5月1日、これが令和最初の日なので、523の巻で令和最初の素数大富豪で遊ぼう会。

そして、20190523という素数がどこから左を切っても素数となる、左切り取り可能素数(別名金太郎飴素数)という、かなり珍しい日だったのに加え、2014年5月23日に素数大富豪が考案されてからちょうど5年の記念日でもありました。

この日は前々から話題には上がっていましたが、当日未明の私のツイートが想像をはるかに超えるバズを記録。24万いいねってどういうこと...!!!

 

 

 

通知を切っても携帯の電池が2時間くらいしか持たず、ツイッターを開いてもまともにリプを確認することもできない大変な事態に(笑)

 

例の素数もちゃんと出ました!

 

またカレー屋の開店直後だったこともあり、tsujimotterさんと二世さんから開店祝いもいただきました。改めてありがとうございました!

 

619の巻

6月は、上旬の北大祭にて素数大富豪同好会がブースを出して大盛況だったため、たくさん来るかドキドキしながら迎えました。

結果、思ったほどではありませんでしたが、初心者含めいつもより多くの方に来ていただきました。

ちょうどこのころ、素数大富豪大学対抗戦の計画が動き始めましたね。

 

719の巻

この回から、デフォルトの遊び方を改めて規定。

・初期手札7枚、ペナルティは1回につき1枚固定

今まで通りの遊び方(初期11枚、ペナルティは出した枚数と同じ)に慣れている人同士で遊ぶ際は11枚ルールでもよいのですが、素数大富豪のプレイングの開拓が進むにつれ初心者とのレベル差が広がり、新規参入を妨げる(これはたびたび課題として挙げられていましたが)要因でもあったため、それを少しでも軽減させるためです。

 

 

ダブルス戦をやってみたり。これがなかなか面白いのです。

 

2018年1月から取り続けた素数の記録は、619の巻までデータがあるので、後々最終集計をして余裕があればブログで出したいと思います。

 

 

 

次回予告

そして次回は、なんと40回目の開催になります!!!!

日時は2019年8月29日(木)16:00~22:00

アカシア若者活動センター和室にてです。

f:id:prm9973:20190731021919j:plain

 

今後とも皆様のご参加お待ちしております!!よろしくお願いします!!

 

第35回 素数大富豪で遊ぼう会in札幌(317の巻)

先日3月17日は素数大富豪で遊ぼう会in札幌を開催しました。

今年度最後の開催。東京からしざさらさんが素数大富豪のためだけ(?)に来てくださり、その前後の日も素数大富豪やったり、素数大富豪三昧の連休になりました!

 

前回の報告はこちら↓

prm9973.hatenablog.com

 

前哨戦

3月16日、私が開業予定のカレーパンドラのプレ営業日にしざさらさんとOTTYさんが来てくださいました。

閉店後、北大セコマに移動して前哨戦開始!

f:id:prm9973:20190319190333j:plain

3日あるうちの1日目となってしまい、何を出したのかあまり覚えていませんが、、、笑

 

本戦!開催概要

3月17日が遊ぼう会当日。

2019年3月17日(日)13:00~19:00

札幌市アカシア若者活動センターにて

参加人数:7人

 

開始早々...!?

前回から続けてきてくださっている中学生のE君が初戦でいきなりすごい素数を出してきました。

f:id:prm9973:20190319191908j:plain

写真は右から読みます。103256464019(とっさに○しムショ行く)という不穏な語呂の素数ですがなんと11枚出し!

 

相変わらずの多枚出し攻勢

今回も、多枚出し得意勢が多く本領発揮し、さまざまな素数が出されました。

私は3月初めころに8~9枚出しの四つ子素数をプログラムで出したので、そこで覚えた素数の復習も兼ねていくつか出しました。

9枚10桁のニート四つ子シリーズをいくつか紹介します。

・210279973X(ニートツナ9973)

・210536653X(ニートゴミむむこさん)

・210587476X(ニートご飯無し南無)

・210593479X(ニートコックさん夜泣く)

・210594142X(ニート国試一心に)

・210737542X(ニート並な個室)

・210833617X(ニート破産寒いな)

f:id:prm9973:20190319194142j:plain

f:id:prm9973:20190319194212j:plain

実際に出せたのは写真の2つともう1つです。

 

最終盤はほぼ全員が初期手札(7枚)全出しを試みる展開に。

この中でしざさらさんが出会った9973素数

f:id:prm9973:20190319220049j:plain

酷し9973?

f:id:prm9973:20190319220732j:plain

6549973の後は810813439→6869111213と続きました。

 

このうち、6869111213には「ムバラクJQK」という語呂を充てられました。

この時はまさか翌日ムバラクが本領発揮するとは思ってもいなかったのです...!!

 

この日出た素数合成数

f:id:prm9973:20190319183747p:plain

f:id:prm9973:20190319183813p:plain

2~4枚出しがいずれも80回くらい出ており並んでいます。そして7枚出し以上も49回と過去最多!

 

終わった後はジンギスカン

f:id:prm9973:20190319222506j:plain

6時間素数大富豪したあとの29はおいしかったですね!

 

ほんとに楽しんでいただけたようでよかったです。

北海道が大移動して東京に来るまでにはあと13111211年くらいかかりそうですが...笑

 

翌日も...

しざさらさんが火曜日まで滞在するという話だったので、月曜も夕方から素数大富豪。

遊ぼう会に参加できなかったりらんさん等も含めてなんだかんだ5人集まりました。

(みんな素数大富豪好きだなあ...)

f:id:prm9973:20190319232210j:plain

OTTYさんが出会った2233446653、覚えやすそう

 

この日、一番のハイライトはムバラク素数の発掘でした。

アプリでムバラクを含む素数を検索したら「6869593(ムバラクコックさん)」が素数であることが判明。

これすぐにクソコラ作れそうだなという話になりムバラクの画像を検索すると、「ムバラクに死刑求刑」の記事が最初のほうに出ているのをしざさらさんが発見。

なんと、ムバラクに死刑求刑(686924K9K)が素数なのです!!!

 

f:id:prm9973:20190319232624j:plain

この通りです。

 

ほんとに、この3日間で一番盛り上がったのがムバラクのくだりなのですが、その場にいない人にはなかなか伝わらないのが残念なところ...!

 

 

人生で一番素数大富豪した3日間でした。

東京から来てくださったしざさらさんをはじめ参加者の皆様、ありがとうございました!

 

次回以降

4月にカレー屋のオープンを控えていることもあり、4月は開催できないかもしれないです。とりあえず5月23日はやるつもりでいますので、後々の告知をお待ちいただければと思います!

素数大富豪で遊ぼう会 2019年1~2月

2019年2月11日で、素数大富豪で遊ぼう会は2周年を迎えました。

二世さん主催時代から含めて、ここまで支えてくださった皆様には感謝申し上げます。

 

さて、2019年に入ってからは、1月13日と2月11日(2周年記念日)に行いました。

 

前回の報告

prm9973.hatenablog.com

 

113の巻

2019年1月13日(日) 13:00~19:00

札幌市アカシア若者活動センターにて

参加人数:4人

 

新年1回目の開催。人数は少なめでしたが、集まったメンバーでじっくり遊びました。

 

大乱闘スマッシュナンバーズPRIMEの導入

昨年12月に発売され、話題沸騰のスマッシュブラザーズSPECIALにあやかって、1~70のキャラ番号を用いてそのまま素数大富豪してみよう!というものです。

年末年始にノリで自主制作しました笑

 

スマッシュナンバーズPRIME、略してスマプラです。

ちなみに出ている66602441は素数

 

ゼロが入っている素数が作れたり、グロタンカットが1枚出しでもできたり、ラマヌジャン革命が2~4枚出しで可能だったりと、出し方のバリエーションが広がるのは確かなのですが、いかんせん求めている札が来る確率が極端に低いうえに、偶数の率も多めで、かなり厳しいゲームになってしまいました...!

 

そんな中で、写真のように3~4枚出しで果敢に素数を狙い時たま当たる!みたいな世界観。

f:id:prm9973:20190219011454j:plain

 

f:id:prm9973:20190219011433j:plain

マモさんが出した5254565861という素数。246811を想起させますよね!

 

 もう一つ、この日の記録といえば、素数大富豪で遊ぼう会in札幌における最大素数の記録を1年1か月振りに塗り替えたことです!

 

これまでは、北斗さんが2017年12月13日に記録した、8855101012128523(8855兆)が最大で、なかなか破られませんでした。しかし、今回でたのは

 

61313101012111211(6京)!

ツイートでは6垓と書いてありますが、兆を飛ばしているため正確には京です。

 

この日出た素数合成数

f:id:prm9973:20190219012747p:plain

f:id:prm9973:20190219012809p:plain

ここ最近は素数の個数が多すぎて長すぎる表になってしまっていまいましたが、今回は比較的コンパクトな個数に収まりました笑

しかしながら異常なところは、一番多いのが2枚出しなのはわかるとしてその次に多いのが「7枚出し以上」であることです...!

しかも6枚出しはゼロ!!なぜ!!笑

 

札幌の常連メンバーは7枚以上出しが得意な人が多いので、そういう人の割合が高いとこうなるのだなという感じですね。

 

211の巻(2周年記念特別会)

2019年2月11日(月祝) 13:00~22:00

札幌市アカシア若者活動センターにて

参加人数:8人

 

2周年ということで、いつもより3時間長く、9時間場所を取って行いました!

そしてこの日は常連メンバーだけでなく新規の方や、中学生まで遊びに来てくださいました!

 

出会った素数など

素数大富豪初めての初心者の初出会い素数は、なんと「409」!!

ゼロを使う素数でデビューするなんて、すごい!!

 

 

 そして、211の巻では、前回全くでなかった6枚出しをたくさん出すことができました。このようにラリーが続いたりも。

知っていて出した素数から、出会った素数まで、さまざまです。

 

合成数出しの大技も出ました。

8枚出しで33554432です。2の25乗ですが、9乗、9乗、7乗に分けています。

大きい2冪の中でも、数字の並びが比較的覚えやすい組み合わせですね。

 

 113の巻で出た6京の素数、なんと早くも塗り替えられてしまいます!!

しかも3回立て続けに、うち2回は14枚出しのラリーで出されています。

888京が初めてなのはもちろんですが、14枚出しもおそらく最大枚数かと思われます...!

 

1313101012111211という8枚絵札素数に関連する素数を覚えて挑むと、こうなってしまうことがよくわかりました。

絵札は、桁数が1桁カードの2倍なので桁数を上げやすく、かつ絵札が足りないときに1桁カードのA~3を使って補うこともできるため、かなり出しやすいのです。

次回も記録更新する気しかしない...笑

 

f:id:prm9973:20190219021746p:plain

f:id:prm9973:20190219023352p:plain

長丁場にはなりましたが、参加してくださった皆様お疲れさまでした!

ありがとうございました!

 

次回予告

次回は、3/17(日)に同じくアカシア若者活動センターの和室で行います。

よろしくお願いします!

f:id:prm9973:20190219023724j:plain

 

【素数集計】2018年下半期・総まとめ(後編)

この記事は、

prm9973.hatenablog.com

こちらの2018年の素数大富豪で遊ぼう会で出た素数集計記事の後編です。

前編では、主に出された枚数を基準にした集計でしたが、後編では、数ごとの集計がメインになります。

 

上半期とデータの比較をしたい場合は、こちらの記事もご覧ください。

prm9973.hatenablog.com

 

数ごとの集計

それぞれの数が、期間中に何回出されたかを集計とったのが表9です。

 

表9 数ごとの集計

f:id:prm9973:20181229074105p:plain

※集計の都合上、合成数出しは除く

 

☆第1位☆ 57

上半期時点では1213に次いで2位のグロタンカットでしたが、なんと1位に!181回も出現しています。

素数大富豪で遊ぼう会で一番出される数は素数ではなく合成数です!いや、57はそす...(ry

グロタンカットは、手番を持ち続ける手段としてやはり人気ですね。

 

☆第2位☆ 1213

57に抜かれ2位となりました。165回出されています。

順位こそ下がりましたが、2枚出し最強素数として相変わらず親しまれています。素数大富豪で遊ぼう会も12月13日は今のところ必ず開催していますしね!

 

☆第3位☆ 13

上半期と変わらず。3位は1枚出し最強の13です。105回の出現。

 

☆第4位☆ 131311

4位は3枚出し最強の131311でした。3枚出しが出たら必ずといっていいほどこの素数で切られますよね...!

 

☆第5位☆ 11

前回の7位から順位を上げました。70回の出現です。

最強素数でも特殊効果数でもない素数がトップ5に入ったのは初めてです!

1枚出しの時にはそこそこ強く、かつ革命下では2枚出し最強素数になるので、出される機会が増えたのでしょう。

 

6~11位

このあたりはかなり僅差です。試合展開をかき乱す代表格のラマヌジャン革命、4枚出し最強のKJQJ、1枚出しの2、5、ジョーカー、2枚出しで比較的強い811がランクインしています。57~66回出されています。

 

12位~30位

このあたりは、1枚出しの残りの数や、2枚出し素数、そして3枚5、6桁の頻出素数と4枚出しで3番目に強いKTQJ(13101211)がランクイン。素数大富豪で定番と言われる素数が大方揃ってきます。24~45回出されています。

 

31位~49位

3枚出しの偶数消費型素数などが続々とランクイン。語呂合わせの443(しじみ)、523(ゴツ美)、877(バナナ)などはこのあたりです。12~23回出されています。

 

52位~81位

5枚10桁が続々とランクイン。5枚出しで最もよく出される素数はやはりKKQTJ(1313121011)です。強さとしては2番目ですが、バランスの良さで比較的出しやすいです。5枚出しになると必ずしも最強素数でなくても場が流せる可能性が高くなるので、5枚出しの大きい素数は「出しやすい」ものが出されていく傾向にあります。

コックさん(593)や、3桁最大の997、4桁最大の9973もここで出てきます。8~11回出されています。

 

94位~133位

マイナーな2枚出し素数や、下位互換、奇数消費型の3枚出し素数が登場するほか、4枚出しが多く登場します。そして6枚出しから9101112131と121012101311がランクイン。148Xや8104Xの四つ子素数も登場します。4~7回出されています。

 

165位

3回出された素数です。5枚出し素数がかなり増えてくることや、1211386Xや410510812Xなどの多枚出し四つ子素数も登場するほか、105863(東郷八郎さん)や8631097(ハムサンド食うな)などのちょっと長めな語呂合わせ素数も出てきます。

このあたりになると、素数の「ご当地感」がよく出てきますね。

 

239位

2回出された素数です。2桁以下の素数はここですべて出そろいます。4、5桁の素数がかなり多いですが過半数が6桁以上の素数。偶然同じ回に2回出されたきりの素数も多くあります。多枚出しや四つ子素数などは、同じカテゴリとして出していても数がばらけてしまうので素数ごとの回数としては少なくなってしまいます。

367810111213(春の海素数)などがここにランクイン。

 

389位

最後に1回きりしか出されなかった素数です。しかし素数大富豪で出しうる素数は数百万程度あるともいわれており、1回出されただけでもかなり光栄です!

せっかくなので、オンリーワンの664個の素数を全部まとめてみました(表10)。

 

表10 1回出された素数

f:id:prm9973:20181229102818p:plain

f:id:prm9973:20181229102837p:plain

 

197に始まり、1313101012111211に至るまで、3桁~16桁の素数たち。

16桁はエクセルの処理上の問題で強制的に四捨五入されてしまうほど大きい素数です。

 

ここには、たまたま出会った素数、四つ子素数、多彩な語呂合わせ素数など、1回きりしか出されていないからこそ思い出深い素数がいっぱいです。1年間の思い出が詰まった素数になります。参加した各位も、そうでない各位も、1度は順を追ってご覧いただければと思います。

 

 

 

あの日、あの場所で、あの素数を。

 

 

 

 

素数大富豪で遊ぼう会は、これからも素数大富豪ファンの皆様が自由に遊べる場所として続けていこうと思います。

改めまして、今年1年間本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします!

 

新年1発目の素数大富豪で遊ぼう会は、1/13にあります。ふるってご参加いただければと思います!

f:id:prm9973:20181229105400j:plain


それでは皆様、よいお年を。

【素数集計】2018年下半期・総まとめ(前編)

2018年の1年間、素数大富豪で遊ぼう会の幹事をさせていただきましたが、その中で、1年間唯一(?)通して続けることができたのは、出された素数合成数の集計をとることでした。

5、6月に、上半期の集計として一度ブログを書いていますが、今回は1年間の総まとめおよび上半期との比較という形でまとめたいと思います。

上半期の記事はこちら↓

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

 

集計対象・基本情報

2018年1月27日 第19回素数大富豪で遊ぼう会in札幌(昼の部のみ)

2018年2月7日 第20回素数大富豪で遊ぼう会in札幌

2018年2月11日 第21回素数大富豪で遊ぼう会in札幌

2018年3月11日 第22回素数大富豪で遊ぼう会in札幌

2018年3月31日 第23回素数大富豪で遊ぼう会in札幌

2018年4月21日 第1回素数大富豪で遊ぼう会in北広島

2018年5月3日 第24回素数大富豪で遊ぼう会in札幌(昼の部のみ)

2018年5月23日 第25回素数大富豪で遊ぼう会in札幌

2018年7月1日 第26回素数大富豪で遊ぼう会in札幌

2018年7月19日 第27回素数大富豪で遊ぼう会in札幌

2018年8月11日 第28回素数大富豪で遊ぼう会in札幌

2018年9月29日 第29回素数大富豪で遊ぼう会in札幌

2018年11月3日 第30回素数大富豪で遊ぼう会in札幌

2018年11月23日 第31回素数大富豪で遊ぼう会in札幌

2018年12月13日 第32回素数大富豪で遊ぼう会in札幌

 

以上、15日間、計85時間素数大富豪で遊んだ記録がデータの対象。

 

・場数は、素数・特殊・合成数合わせて4195回*1

・2人対戦、チーム対戦、多人数対戦、ウノ使用、素数トランプ使用などバリエーションはありますがデータ上区別はしていません。

素数大富豪Lv.0はゲーム性がやや異なるため集計からは除外しています。

 

枚数ごとの集計

出された枚数が、回ごとに何回あったのかをまとめたのが表1、グラフ1です。

表1 枚数ごとの集計

f:id:prm9973:20181221164216p:plain


グラフ1 枚数ごとの集計(割合)

f:id:prm9973:20181221162214p:plain

上半期は2枚出しがトップでしたが、通年ではわずか1回差で3枚出しが上回りトップに躍り出ました。2枚出しも割合を増加させているので、下半期は特に2、3枚出しが総じて多かったといえます。

 

回によってばらつきが結構あるのは、参加メンバーによる差が大きく、初心者がいる回は1~2枚出しが比較的多く、経験者しかいない回(127、211、503など)などは1、2枚出しが有意に少なくなっています。ただし、最近は経験者のみの試合でも、「1~3枚出しでラリーをして、手番をとった人が7枚以上出しでとどめを刺す」みたいな戦法が増えてきており、1~3枚出し自体の出現回数が伸びている要因にもつながっています。

一方、上半期に比べて割合を落としているのが、4~6枚出しです。

上半期までは経験者の得意分野だった4~6枚出しですが、多枚出しの機会が7枚以上出しの四つ子素数などに割り当てられることが多くなり、相対的に重要度を下げています。

 

また、今回急遽追加した指標に、「カード使用数」と「カード使用率」があります。

1枚出しを1回したら、1枚のカードを消費しますが、4枚出しを1回したら、それで4枚のカードを使用したことになります。これで、手札のうちどれくらいの割合が各枚出しとして消費されているのかがわかります。

ただし、合成数出しが絡んでくることや、7枚以上出しは枚数の区別をしていないため、カード使用数・使用率ともに正確な値は出ませんが、参考にはなるとは思います。

これを見ると、1枚出しは12.2%の回数出現していますが、手札の中で1枚出しに消費される割合はわずか3.9%です。一方、7枚出し以上は回数でいうと4.9%しか出ていませんが、カード使用数でいうと10.9%も使われていることになります。初期手札11枚のうち、全プレイヤー平均して1枚以上、7枚以上出しとして使われていることになるので、経験者に限ればその割合はもっと増えるでしょう。

 

グラフ2は、割合ベースではなく回数べースでみたときのグラフです。

グラフ2 枚数ごとの集計(回数)

f:id:prm9973:20181221163646p:plain

単位時間あたりの場数は、後半になればなるほど増加しています。特に1123の巻は512回/7時間となっており、時間当たりの場数は73回で、127の巻の123回/4時間(31回/時間)と比べて2倍以上のスピードです*2

1手のスピードが早くなり、ペナルティが減ったことがわかります。

 

表2 枚数ごとの集計(合成数を除く)

f:id:prm9973:20181221165207p:plain

 

表3 枚数ごとの集計(合成数のみ)

f:id:prm9973:20181221165235p:plain

合成数だけでみると、相変わらず2枚出しが圧倒的に多いです。特に、1312=2^5*41が出ている回数が多いような気がします。

 

特殊効果・最強素数の割合

手番ゲーともいわれる素数大富豪において、手番をとるのに有利に働く最強素数および特殊効果数の出された割合は無視できません。

こちらは、上半期と通年で比べてみましょう。

 

表4 枚数ごとの特殊効果・最強素数の出された数と割合(上半期のみ)

f:id:prm9973:20181221171019p:plain

 

表5 枚数ごとの特殊効果・最強素数の出された数と割合(通年)

f:id:prm9973:20181221170841p:plain

 

この表を見ると、上半期より通年のほうが割合が高くなっているのは、みごとに「グロタンカット」と「ラマヌジャン革命」のみで、ジョーカー1枚出しおよび最強素数は軒並み減少しているのがわかります。4枚最強は割合こそ上半期と変わっていませんが、4枚出し自体の割合が減少しているため、全体から見れば減少傾向にあるといえます。

 

この傾向は、日ごろのプレイを観察する限りでは、「絵札の采配が変化し、最強素数の重要度がやや下がり7枚以上出しに絵札を混ぜる傾向が強まった」のではないかと予想つきます。

ラマヌジャン革命は試合のかき乱しに用いられるという側面もありますが、グロタンカットについては、絵札を消費せずに手番を保持できるという観点からも重宝されてるのではないかと思います。

ジョーカー1枚出しが大きく割合を落としていることについては、同様の理由で7枚以上出しの四つ子素数などにジョーカーを混ぜて使うことが多いためと考えられます。

 

枚数・桁数ごとの割合

各枚出しで、桁ごとに集計をとると見えてくる傾向もあります。

こちらも上半期と通年で比べてみましょう。

 

表6 枚数・桁数ごとの割合(上半期のみ)

f:id:prm9973:20181221172357p:plain

 

表7 枚数・桁数ごとの割合(通年)

f:id:prm9973:20181221172431p:plain

 

・1枚出し

5の割合のみ大きく増加。他は変化なしか減少。これに関してはあまり理由がわかりません。

 

・2枚出し

グロタンカットのみ増加。それ以外は減少。合成数出しの割合は増加。2枚出しのときはグロタンカットや1312などで確実に手番をとる傾向があるといえます。

 

・3枚出し

3桁・5桁が増加、4桁・6桁が減少。3枚出し自体は割合を大きく伸ばしており、「迷ったら3枚出し」の傾向があるのと、最強素数偏重の傾向が弱まったことが挙げられます。

 

・4枚出し

ラマヌジャン革命と4桁・5桁が増加。それ以外は減少。4枚出しにおいても、最強素数偏重の傾向は弱まっています。また、上がり手として4枚出しを残すことが多くなった結果、4桁や5桁の4枚出しが出やすくなっていると考えることもできます。

 

・5枚出し

5枚出し自体が後半一気に不人気になりました。上半期は経験者が好んで出していた傾向がありましたが、7枚出し以上に吸い取られてしまったのでしょう。

桁ごとの割合としては、5桁と9桁のみ増加しており、5枚出しで戦うときは、「5桁→9桁→残り」という流れが定番になっているのでしょうか。

 

・6枚出し

こちらも5枚出し同様、後半に不人気になりました。

桁ごとでみると、8桁・10桁・11桁が増加、それ以外が減少しています。

10桁は「81210シリーズや5枚10桁絵札分割など」、11桁は「6枚11桁を切り札として使用されやすくなった」このあたりがローカルな素数事情として挙げられます。

8桁も含めて全体的な6枚出しの傾向として、4~5枚出し素数の絵札を分割して6枚出しとして出しているものが多く見受けられます。

 

・7枚出し以上

全体に占める割合としては変化がないのですが、桁ごとの割合が大きく変わり、面白い結果となりました。

11桁が6.4%→16.1%、10桁が14.9%→19.0%と圧倒的に伸びています。そして8桁が26.6%→19.0%、7桁が22.3%→14.6%といずれも大幅な減少です。

7~8桁は、語呂素数が多くを占め、10~11桁は四つ子素数が多く出されています。特に、下半期は7~8枚で10~11桁の四つ子素数が多く出されてきましたが、実際にデータを見ていきましょう。

表8 7枚以上出し10~11桁の出された全素数と、四つ子素数

f:id:prm9973:20181221180531p:plain


この表を見ると、7枚以上10~11桁で出された素数72回のうち、なんと27回(37.5%)が四つ子素数です。他に三つ子素数もあるなど、まとめて覚えられて、そこそこ絵札も含まれている素数が好んで出されていることがわかります。一方で、かつて多枚出しの中心だった語呂素数は、相対的に割合を落としています。

まあ、あくまで素数大富豪で遊ぼう会in札幌のローカル事情にすぎませんが。笑

 

 

以上、長くなりましたが素数集計の前編でした。次回、年末くらいに後編を出します。

今度は「数ごとの集計」メインです。一番人気の素数は何でしょうか?お楽しみに!

 

*1:ペナルティは除く

*2:参加人数によって試合卓が分かれたりしてその分回数が増えたという側面もあると思いますが、試合卓が分かれるほど多人数でやってる時間がそれほど長いかといえばそうではない(会の前半はどの回も1卓しかない)という実感があるので、手のスピードが早くなってるのはある程度事実だと思います。正確に検証するには、卓数ごとの時間がどれくらいだったかという指標を加える必要はありそうです。

素数大富豪で遊ぶ場を考える

この記事は、素数大富豪 Advent Calendar 2018 - Adventar の17日目の記事です。

 

二世さんのこちらの記事

nisei.hatenablog.com

にもある通り、私もりしーは2018年より素数大富豪で遊ぼう会in札幌を引き継ぎ、先日12月13日に至るまで17回(北広島、大阪開催を含む)開催してきました。

 

また、それとは別に、イベントバーエデン札幌の日替わりイベントという形で、2018年6月からこれまで4回「素数大富豪バー」を開催するなど、主に札幌を舞台に、素数大富豪で遊べる場・コミュニティを動かしてきた身として、いろいろ感じたことなどを振り返りながら共有したいと思います。

 

特に最近は、高校や大学などで素数大富豪同好会が続々と誕生していることなどもあり、そういう場づくりを今後行いたいと考えている方々に少しでも役に立てたら幸いです。

 

1. 素数大富豪で遊ぼう会

引継ぎにあたっての思い

当時は、素数大富豪のため「だけ」に集まっていた会は札幌はおろか全国を見ても類を見なかったので、強いプレイヤーが誕生しつつあったことも受けて集まれる場を存続させたい、というのが何よりありました。

こうして今まで走り続けた結果、無事にあのラマヌジャンタクシーも健在です。これからも活躍し続けるでしょう。(荷物の都合で時々持ってこれない時もありますが...笑)

 

何か新しいことはできないだろうか?

今年の初めころの引き継いだばかりの頃は、新しい企画を増やしてさらに幅広い人を呼び込みたいという思いが結構強かった気がします。

実際に、動画撮影会や、総当たり戦、大将戦などを企画し、抑揚をつけてみようと試みました。

こちらが実際のプレイ動画です。

www.youtube.com

 

こんなおしゃれな雑貨屋さんをお借りして開催したこともありました。

f:id:prm9973:20181215172631p:plain

The インスタ映え!!!

 

追加企画も非常に面白かったのですが、のちに詳しく述べるように思ったほど来場者に変化がなかったことや、レベル差が大きくなり勝てる人が一部に集中してしまったことなどにより、「本気の対戦を楽しむ」ことをメインに持ってくるのには難しさも感じました。

 

それでも、FacebookTwitterなどを見て新たに来てくれる人はいくらかいて、そのうち一部の方は今でも時々顔を出して来てくれるのは大変ありがたいことですね。

 

プレイスタイルの変化とレベルギャップのジレンマ

昨年末~今年にかけて一番大きくあった動きは常連プレイヤーのレベルアップとプレイスタイルの変化です。

最初期は、二世さんの職場の方や知り合いなどを中心に人を集めて開催されていました。こんな感じで、ワイワイ素数を出し合いながらという感じでしょうか。

f:id:prm9973:20181216142735p:plain
※画像はイメージです。特定の人物に特定のレベルがあるわけではありません。

 

そんなほのぼのとした遊ぼう会に、対人戦初めてだけどCPUで鍛えたという某プレイヤーが登場するのが2017年9月。

f:id:prm9973:20181216143021p:plain

※画像はイメージです。特定の人物に特定のレベルがあるわけではありません。

 

二世さん主催の頃に初めて行ったとき、すごくいいなと思ったのが、集まった人たちそれぞれが「今日出したい素数」を掲げて臨むというやり方で、一見難しそうな「素数」という概念がとても身近なものに見えるなと感じたからです。

素数に親しみのなかった人たちが素数と仲良くなるのにおそらく最適の方法でしょう。

こうして某プレイヤーも、なんだかんだワイワイに混ざって語呂素数などを開拓しながら楽しく遊びます。

f:id:prm9973:20181216143418p:plain

※画像はイメージです。特定の人物に特定のレベルがあるわけではありません。

 

そしてその状況に早くも変化が生まれるのが、MATH POWER2017後の2017年11月頃。

徐々に私含め素数大富豪ガチ勢(?)が集まりはじめ「プレイヤー同士切磋琢磨する状態」が形成されつつありました。

f:id:prm9973:20181216143756p:plain

※画像はイメージです。特定の人物に特定のレベルがあるわけではありません。

 

そして2018年春~夏頃になると、6~7枚出し以上の頻度が格段に増えるようになります。秋以降もレベルアップし続け、今はなんとこんな感じです。

f:id:prm9973:20181216144212p:plain

※画像はイメージです。特定の人物に特定のレベルがあるわけではありません。

 

それまで、そのような多枚出しは出会い素数か語呂合わせ素数が偶然そろって出せるみたいな出方がほとんどでしたが、四つ子素数などを中心に多枚出しをコンスタントに出せるようになるにつれ、「出会いを求める」よりも断然「狙って出す」ほうが容易になりました*1

そして、狙ってた多枚出しを一気に決めて上がることができるという快感は、奇しくも出会い素数のそれと同じかそれにも勝るものだということです*2

狩猟本能が刺激されるともいえるのでしょうか。ほんとにすごいので、試してみたい人はこちらの素数表でいくつか覚えて出してみてください(笑)

f:id:prm9973:20181216123447p:plain

 

素数大富豪はゲームである以上、互角に戦える人と遊ぶほうが圧倒的に楽しいものです。

強い人にとっては、強い人がいればいるほど楽しく、初心者にとっては、同レベルの人とちょっと上手のルール把握している者がいる程度がいちばん遊びやすい。

 

素数大富豪で遊ぼう会は現状「強者の集まり」で、私自身や周りのプレイヤーたちはそれに満足しているとは思います。というか最高の環境だと思います。

しかし、もともと初心者も取り込みたいというスタンスでやってきている以上、不本意な状態と言わざるを得ないのも事実です*3

 

来年以降も素数大富豪で遊ぼう会は継続して開催し、プレイヤーたちが集まれる場は作り続けるつもりですが、近いうちに何かしら根本的な変化は加えるかもしれないです。

良い案をお持ちの方がいれば、ぜひとも伝えてくださると幸いです。参考にさせていただきます。

 

2. 素数大富豪バー

イベントバーエデンという日替わりイベントを行えるカフェバーが全国にありまして、そこの札幌店で2018年6月から開催しています。

上述の素数大富豪で遊ぼう会と違う点は、「(一応)営利イベントである」ことと「素数大富豪で遊びたい人以外のお客さんも来る」ことです。それ以外の点においては変わらず、集まったメンバーで素数大富豪で遊び続けるのがメインです。

 

フードメニューを出すこともありますが、10月13日に出した「素数お好み焼き」が大好評(?)でした。

f:id:prm9973:20181216153851j:plain

 

客層に関しては、素数大富豪で遊ぼう会と両方来てくれる層もいますが、実は結構初心者寄りです。

札幌の方で、初めて素数大富豪で遊ぶけど自信ないという方にはお勧めできます。

さっきの5コマ漫画風に例えると、レベル的にはこんな感じと思われます。

f:id:prm9973:20181216155423p:plain

※画像はイメージです。特定の人物に特定のレベルがあるわけではありません。

 

たまに真っ黒Lv.8~9の層が来る場合もありますが、丁寧に教えてくれますので、安心して遊ぶことができると思われます。

チャージやドリンク注文が必須になってしまいますが、その辺が気にならなければ今のところすごくお勧めというのは強調しておきたいと思います!

 

なお、最近は素数大富豪バーで素数大富豪を遊び始めた人の一部で、素数大富豪バー以外のときにも素数大富豪で遊んで盛り上がって楽しかった!という話も聞いており、今後そういうのがもっと広がればいいな~と思う次第です。大変うれしいことですね!!

 

まとめ

以上のような感じで、主に2つのイベントをこの1年間開催してきました。

 

感想は、何よりすごく楽しかった!!!!

新たに素数大富豪プレイヤーが広がったのはもちろんですし、そういった人たちが私がイベントを主催しないときでも素数大富豪を楽しんでくれている。

素数大富豪を多くの人に知ってほしい、楽しんでほしいと思う身としては、この上ない喜びですね。

 

その上で、最近のレベルギャップについてなど若干悩みポイント(とはいっても嬉しい悲鳴ですが!)があるので、そこをどうにかとも思ったりはしますが、

 

結局のところ、こう思うんです。

 

 

素数大富豪、楽しめばそれでいいじゃん!

 

 

 

 

というわけで、何はともあれ、今後も素数大富豪を楽しめればみんな幸せ。それで十分というのも一理だと考えます。

 

ここまでイベントを続かせることができたのも、毎回必ず数人は人が来続けてくれたからに他ならないです。(誰も来なかったらやりませんからね!)

足を運んでくださった皆様には何より感謝申し上げます。そして、これからもよろしくお願いいたします!

 

上記2つのイベントの詳細を簡単にまとめておくので、お越しの際の参考に。

 

素数大富豪で遊ぼう会

頻度:月1~2回、素数

場所:札幌若者活動センター、ノースエイム、北大セコマ2階など

参加費:2~1213円の任意の素数

人数:5~10人程度のことが多い

 

素数大富豪バー

頻度:1~2月に1回、素数

場所:イベントバーエデン札幌(地下鉄南北線北24条駅から徒歩1分)

参加費:チャージ500円+ドリンク300円~

人数:5~10人程度のことが多い

 

素数大富豪で遊ぼう会については、今年遊んだ分はブログ記事としてまとめてあります。

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

 

今後のスケジュール

第5回 素数大富豪バー

2018/12/17(今日!!!) 17:00~23:00

@イベントバーエデン札幌

(地下鉄南北線北24条駅から徒歩1分)

 

素数大富豪忘年会

特別企画で忘年会を行います!

2018/12/23(日)  18:00~21:00

@ノースエイム 小会議室

(地下鉄南北線北18条駅から徒歩5分)

 

第33回 素数大富豪で遊ぼう会

2019/1/13(日) 13:00~19:00

@札幌市アカシア若者活動センター 和室

(地下鉄南北線北24条駅から徒歩5分)

 

興味を持った方はぜひお越しいただければと思います!

 

明日のアドベントカレンダーはOTTYさんによる記事です。お楽しみに!

*1:あくまで一部の人たちにとってという意味で。7枚出しは普通に難易度高いです。

*2:素数中毒ってまさにこれなんです

*3:もちろん、時々初心者層も訪れ、楽しく遊んでくれています。変わらない良さもあると、、、信じています、、、、、