素数大富豪で遊ぶ場を考える

この記事は、素数大富豪 Advent Calendar 2018 - Adventar の17日目の記事です。

 

二世さんのこちらの記事

nisei.hatenablog.com

にもある通り、私もりしーは2018年より素数大富豪で遊ぼう会in札幌を引き継ぎ、先日12月13日に至るまで17回(北広島、大阪開催を含む)開催してきました。

 

また、それとは別に、イベントバーエデン札幌の日替わりイベントという形で、2018年6月からこれまで4回「素数大富豪バー」を開催するなど、主に札幌を舞台に、素数大富豪で遊べる場・コミュニティを動かしてきた身として、いろいろ感じたことなどを振り返りながら共有したいと思います。

 

特に最近は、高校や大学などで素数大富豪同好会が続々と誕生していることなどもあり、そういう場づくりを今後行いたいと考えている方々に少しでも役に立てたら幸いです。

 

1. 素数大富豪で遊ぼう会

引継ぎにあたっての思い

当時は、素数大富豪のため「だけ」に集まっていた会は札幌はおろか全国を見ても類を見なかったので、強いプレイヤーが誕生しつつあったことも受けて集まれる場を存続させたい、というのが何よりありました。

こうして今まで走り続けた結果、無事にあのラマヌジャンタクシーも健在です。これからも活躍し続けるでしょう。(荷物の都合で時々持ってこれない時もありますが...笑)

 

何か新しいことはできないだろうか?

今年の初めころの引き継いだばかりの頃は、新しい企画を増やしてさらに幅広い人を呼び込みたいという思いが結構強かった気がします。

実際に、動画撮影会や、総当たり戦、大将戦などを企画し、抑揚をつけてみようと試みました。

こちらが実際のプレイ動画です。

www.youtube.com

 

こんなおしゃれな雑貨屋さんをお借りして開催したこともありました。

f:id:prm9973:20181215172631p:plain

The インスタ映え!!!

 

追加企画も非常に面白かったのですが、のちに詳しく述べるように思ったほど来場者に変化がなかったことや、レベル差が大きくなり勝てる人が一部に集中してしまったことなどにより、「本気の対戦を楽しむ」ことをメインに持ってくるのには難しさも感じました。

 

それでも、FacebookTwitterなどを見て新たに来てくれる人はいくらかいて、そのうち一部の方は今でも時々顔を出して来てくれるのは大変ありがたいことですね。

 

プレイスタイルの変化とレベルギャップのジレンマ

昨年末~今年にかけて一番大きくあった動きは常連プレイヤーのレベルアップとプレイスタイルの変化です。

最初期は、二世さんの職場の方や知り合いなどを中心に人を集めて開催されていました。こんな感じで、ワイワイ素数を出し合いながらという感じでしょうか。

f:id:prm9973:20181216142735p:plain
※画像はイメージです。特定の人物に特定のレベルがあるわけではありません。

 

そんなほのぼのとした遊ぼう会に、対人戦初めてだけどCPUで鍛えたという某プレイヤーが登場するのが2017年9月。

f:id:prm9973:20181216143021p:plain

※画像はイメージです。特定の人物に特定のレベルがあるわけではありません。

 

二世さん主催の頃に初めて行ったとき、すごくいいなと思ったのが、集まった人たちそれぞれが「今日出したい素数」を掲げて臨むというやり方で、一見難しそうな「素数」という概念がとても身近なものに見えるなと感じたからです。

素数に親しみのなかった人たちが素数と仲良くなるのにおそらく最適の方法でしょう。

こうして某プレイヤーも、なんだかんだワイワイに混ざって語呂素数などを開拓しながら楽しく遊びます。

f:id:prm9973:20181216143418p:plain

※画像はイメージです。特定の人物に特定のレベルがあるわけではありません。

 

そしてその状況に早くも変化が生まれるのが、MATH POWER2017後の2017年11月頃。

徐々に私含め素数大富豪ガチ勢(?)が集まりはじめ「プレイヤー同士切磋琢磨する状態」が形成されつつありました。

f:id:prm9973:20181216143756p:plain

※画像はイメージです。特定の人物に特定のレベルがあるわけではありません。

 

そして2018年春~夏頃になると、6~7枚出し以上の頻度が格段に増えるようになります。秋以降もレベルアップし続け、今はなんとこんな感じです。

f:id:prm9973:20181216144212p:plain

※画像はイメージです。特定の人物に特定のレベルがあるわけではありません。

 

それまで、そのような多枚出しは出会い素数か語呂合わせ素数が偶然そろって出せるみたいな出方がほとんどでしたが、四つ子素数などを中心に多枚出しをコンスタントに出せるようになるにつれ、「出会いを求める」よりも断然「狙って出す」ほうが容易になりました*1

そして、狙ってた多枚出しを一気に決めて上がることができるという快感は、奇しくも出会い素数のそれと同じかそれにも勝るものだということです*2

狩猟本能が刺激されるともいえるのでしょうか。ほんとにすごいので、試してみたい人はこちらの素数表でいくつか覚えて出してみてください(笑)

f:id:prm9973:20181216123447p:plain

 

素数大富豪はゲームである以上、互角に戦える人と遊ぶほうが圧倒的に楽しいものです。

強い人にとっては、強い人がいればいるほど楽しく、初心者にとっては、同レベルの人とちょっと上手のルール把握している者がいる程度がいちばん遊びやすい。

 

素数大富豪で遊ぼう会は現状「強者の集まり」で、私自身や周りのプレイヤーたちはそれに満足しているとは思います。というか最高の環境だと思います。

しかし、もともと初心者も取り込みたいというスタンスでやってきている以上、不本意な状態と言わざるを得ないのも事実です*3

 

来年以降も素数大富豪で遊ぼう会は継続して開催し、プレイヤーたちが集まれる場は作り続けるつもりですが、近いうちに何かしら根本的な変化は加えるかもしれないです。

良い案をお持ちの方がいれば、ぜひとも伝えてくださると幸いです。参考にさせていただきます。

 

2. 素数大富豪バー

イベントバーエデンという日替わりイベントを行えるカフェバーが全国にありまして、そこの札幌店で2018年6月から開催しています。

上述の素数大富豪で遊ぼう会と違う点は、「(一応)営利イベントである」ことと「素数大富豪で遊びたい人以外のお客さんも来る」ことです。それ以外の点においては変わらず、集まったメンバーで素数大富豪で遊び続けるのがメインです。

 

フードメニューを出すこともありますが、10月13日に出した「素数お好み焼き」が大好評(?)でした。

f:id:prm9973:20181216153851j:plain

 

客層に関しては、素数大富豪で遊ぼう会と両方来てくれる層もいますが、実は結構初心者寄りです。

札幌の方で、初めて素数大富豪で遊ぶけど自信ないという方にはお勧めできます。

さっきの5コマ漫画風に例えると、レベル的にはこんな感じと思われます。

f:id:prm9973:20181216155423p:plain

※画像はイメージです。特定の人物に特定のレベルがあるわけではありません。

 

たまに真っ黒Lv.8~9の層が来る場合もありますが、丁寧に教えてくれますので、安心して遊ぶことができると思われます。

チャージやドリンク注文が必須になってしまいますが、その辺が気にならなければ今のところすごくお勧めというのは強調しておきたいと思います!

 

なお、最近は素数大富豪バーで素数大富豪を遊び始めた人の一部で、素数大富豪バー以外のときにも素数大富豪で遊んで盛り上がって楽しかった!という話も聞いており、今後そういうのがもっと広がればいいな~と思う次第です。大変うれしいことですね!!

 

まとめ

以上のような感じで、主に2つのイベントをこの1年間開催してきました。

 

感想は、何よりすごく楽しかった!!!!

新たに素数大富豪プレイヤーが広がったのはもちろんですし、そういった人たちが私がイベントを主催しないときでも素数大富豪を楽しんでくれている。

素数大富豪を多くの人に知ってほしい、楽しんでほしいと思う身としては、この上ない喜びですね。

 

その上で、最近のレベルギャップについてなど若干悩みポイント(とはいっても嬉しい悲鳴ですが!)があるので、そこをどうにかとも思ったりはしますが、

 

結局のところ、こう思うんです。

 

 

素数大富豪、楽しめばそれでいいじゃん!

 

 

 

 

というわけで、何はともあれ、今後も素数大富豪を楽しめればみんな幸せ。それで十分というのも一理だと考えます。

 

ここまでイベントを続かせることができたのも、毎回必ず数人は人が来続けてくれたからに他ならないです。(誰も来なかったらやりませんからね!)

足を運んでくださった皆様には何より感謝申し上げます。そして、これからもよろしくお願いいたします!

 

上記2つのイベントの詳細を簡単にまとめておくので、お越しの際の参考に。

 

素数大富豪で遊ぼう会

頻度:月1~2回、素数

場所:札幌若者活動センター、ノースエイム、北大セコマ2階など

参加費:2~1213円の任意の素数

人数:5~10人程度のことが多い

 

素数大富豪バー

頻度:1~2月に1回、素数

場所:イベントバーエデン札幌(地下鉄南北線北24条駅から徒歩1分)

参加費:チャージ500円+ドリンク300円~

人数:5~10人程度のことが多い

 

素数大富豪で遊ぼう会については、今年遊んだ分はブログ記事としてまとめてあります。

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

prm9973.hatenablog.com

 

今後のスケジュール

第5回 素数大富豪バー

2018/12/17(今日!!!) 17:00~23:00

@イベントバーエデン札幌

(地下鉄南北線北24条駅から徒歩1分)

 

素数大富豪忘年会

特別企画で忘年会を行います!

2018/12/23(日)  18:00~21:00

@ノースエイム 小会議室

(地下鉄南北線北18条駅から徒歩5分)

 

第33回 素数大富豪で遊ぼう会

2019/1/13(日) 13:00~19:00

@札幌市アカシア若者活動センター 和室

(地下鉄南北線北24条駅から徒歩5分)

 

興味を持った方はぜひお越しいただければと思います!

 

明日のアドベントカレンダーはOTTYさんによる記事です。お楽しみに!

*1:あくまで一部の人たちにとってという意味で。7枚出しは普通に難易度高いです。

*2:素数中毒ってまさにこれなんです

*3:もちろん、時々初心者層も訪れ、楽しく遊んでくれています。変わらない良さもあると、、、信じています、、、、、

素数大富豪で遊ぼう会 2018年12月

12月は先日13日(QKの日)に第32回素数大富豪で遊ぼう会in札幌を開催しました。

昨年のこの日に素数大富豪で遊ぼう会の引継ぎが決定してから早くも1年。

今年もこうして走り切ることができました!

 

前回の報告

prm9973.hatenablog.com

 

概要

2018年12月13日(木)15:00~22:00

前半:北大ミュージアムカフェぽらす

後半:北大セコマ2階フリースペース

参加人数:9人

 

素数大富豪Lv.0導入!

梟老堂さんの「素数大富豪Lv.0」を仕入れたので、さっそく遊んでみました。

3枚出しまでしか出せず、3枚出しには制限がついていることで、初心者と経験者の素数知識の差を縮めてくれています。

大勢で気軽に遊ぶのには向いているかも!!

 

出会った素数など

f:id:prm9973:20181216175300j:plain

8233素数だって???初耳!!!

 

412939(良い肉サンキュー)

 

7272911(何々クイィ~)

開始早々出た素数

 

11243(いい辻さん、非正則素数!)

まさか非正則だなんて、、、!

 

61013413(武藤系4K)

 

423423458257

るいあさんが12枚出しを決めてきました!!

12桁は時々出るけど12枚出しはめったにないのですごい!

 

8631211121111

9枚出しでラリーが続いたときの写真。最近は本当にこういうの時々あるんですよね、、、笑

 

途中から、「特定の数を出すとチョコが食べられるシステム」を採用しました。

だがしかし、意地悪な素数ばかり!!!!なんで揃いに揃ってゼロついてるの!!!

(余ったチョコはみんなで分けて持ち帰りました)

(二世さんありがとうございます)

 

ゼロのつく素数は、実際出せたらかっこいいので積極的に出していきたいですね。

f:id:prm9973:20181216182001j:plain

途中でこんな話を少ししました。2枚3桁で後ろ絵札タイプの数に、ゼロを挿入するとどこが素数になるかという。3の倍数避ければ、30Kと60K以外すべて素数なので、結構たくさんあります。2枚3桁よりも多いのです。

ウノで素数大富豪するときや、今後出るであろうパッケージ版?では活躍する素数なのではないでしょうか。

 

出された素数合成数

f:id:prm9973:20181216182522p:plain

 

f:id:prm9973:20181216182552p:plain

 

7枚出し以上の多さは健在です。1枚出しと6枚出しが比較的少なめでした。

なきゃのさんが出す7QTJ・・・シリーズが4回出ていてさすがだな、という感じです。

個人的には10586593X(東郷八郎コックさん四つ子)が出せてよかったです!

 

合成数のほうでは、4枚8桁合成数と、5冪合成数が登場しました。

 

次回予告

次回の素数大富豪で遊ぼう会は、来年1月13日(日)の13~19時です。

札幌市アカシア若者活動センターの和室で行いますので新年もぜひお越しください!

二連覇への道のり/愉快な35億素数たち

日々寒さが厳しくなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

本年もアドベントカレンダーの季節がやってまいりました。

2日目の記事を担当させていただきます、素数大富豪MATH POWER杯二連覇中のもりしーと申します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事は、素数大富豪 Advent Calendar 2018 - Adventar  2日目の記事です。

昨日は、ゆぅくりっどさんによる

My素数表を作ろう!Let's make prime table! 〜素数大富豪 Advent Calendar 2018 1日目〜 - 慶ドミのぼっちでもドミニオン

でした。

エクセルで素数表をまとめる際のお手本的な記事になっており、研究を進めたい方などにはお勧めです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

さて、本記事ですが、昨年の

prm9973.hatenablog.com

こちらの続編という形になります。幼少期から素数大富豪に出会うまで、そしてMATH POWERで優勝するまでをバイオグラフィー風に記しています。

 

北海道に強敵誕生!?~OTTYさん、マモさんとの出会い~

時は遡って2017年11月23日。MATH POWERで初めて優勝してからおよそ1ヶ月半が経った頃でした。

いつものごとく、素数大富豪で遊ぼう会*1に参加したところ、初めてお会いする方々が何人か。

 

一人は、MATH POWER以降、家族で毎日のように素数大富豪をされているということで、参加メンバー一同もびっくり。実際に遊んでみると、3~4枚出しは普通に出るようなので、当時として既にかなり強者。この方がOTTYさんです。

 

もう一人は、その日駅から会場に歩いていく際に、車に引かれそうになったそうで、その車のナンバーが6997でそれが素数なので「今日出したい素数*2」にその数字を紹介されていました。こちらも既に強者の風格。この方がマモさんです。

 

せきゅーん杯での屈辱

2018年に入り、素数大富豪で遊ぼう会の初幹事の回となった1月7日。

東京から札幌の実家に帰省中のカステラさん*3が初参加されました。実際に戦ってみると、かなり強いのです!

一対一の対戦では、なんと接戦の末の敗北。実は当時は素数大富豪の対人戦で勝てない相手がいたことがなかったので、ある意味衝撃でした。

 

そしてその1週間後にあったせきゅーん杯でも、準々決勝でカステラさんに当たり敗北。対戦した他のプレイヤーも大変強く、素数大富豪のレベルが上がってきていることを実感するとともに、予想はしていましたが対策されていることも身をもって実感しました。

いくら昨年のMATH POWERで優勝してタイトルを保持していても、最新のレベルに達していないことへの悔しさもありました。

 

これを機に、それまで4枚出し戦法を強く推してきたところから少し方向転換し、5枚出しの強化と最適化戦略の再構築に取り組むようになりました。

prm9973.hatenablog.com

 

CPUの強化

せきゅーん杯には、素数大富豪のCPU対戦(素数大富豪TOP)の作者であるnishimuraさんが参加されておりました。

これまでのCPU対戦は5枚出しまでにしか対応していませんでしたが、せきゅーん杯のレベルの高さに刺激を受け、8枚出しまで対応し、CPUの思考も強化された

素数大富豪ver4☆pro☆

もリリースされました。

これにより、8枚出しまでの強化が可能になりました。

最初は2割くらいしか勝てませんでしたが、徐々に4割近くまで勝率取れるようになりました。コンスタントに勝ち越せるまではまだ壁がありそうですが...笑

 

身内に勝てない!?!?

せきゅーん杯後、レベルアップはさらに加速します。

2月11日の素数大富豪で遊ぼう会で、総当たり戦をしたのですが、なんとOTTYさん、マモさんの両方に敗北。

せきゅーん杯の成績で言えば、OTTYさんは私と同じベスト8、マモさんは準優勝でしたので、それぞれ次の大会などに向けて強化していたのでしょう。

この頃から、素数大富豪で遊ぼう会で出される素数の傾向にも変化があり、四つ子素数などで、より大きい素数を効率よく覚えようという流れになってきた感じがします。

 

同レベルで切磋琢磨するのは楽しい

OTTYさん、マモさんを中心に実力が競る状態になったことで、お互いにレベルアップを目指して切磋琢磨できる状態になりました。これにより、普段から実力を伸ばしやすい環境になっていきました。

2018年3~4月には、OTTYさんとYoutubeライブでブラックサンダーを争って対戦する生放送も始めたりなど、素数大富豪を「見せる」活動も徐々に始めるようになります。

 

MATH POWER杯に向けて

正直なところ、周りのレベルアップを見てきたので、MATH POWERで優勝候補の一人として見られることはあってもさすがに連覇は厳しいのではという思いが結構ありました。

ただ、MATH POWERの面白いところは、「生放送がある」「解説がある」ところです。

勝とうが負けようが、放送させる試合に出て面白いプレイを繰り広げれば、盛り上がるし素数大富豪の歴史にも残ります。素数大富豪は「愛され方が半端ない」ので、見て楽しむ層もいるからです。

せっかくの放送大会。面白い素数を出してみたくありませんか?

見せる試合をするためにいろいろ考えていたところ、二世さんから「35億」のお達しがあったので「35億素数」をあらかじめ覚えておいて、MATH POWERに備えました。

f:id:prm9973:20181202214506p:plain

35億台の素数は10桁なので、6枚~10枚で出すことができます。

もちろんこれで全部ではありませんが、覚えやすそうなのや便利なのをピックアップしています。

 

3511111111

35億とジャック4枚で出せます。

 

3586241011、3584621213、3586247911

ここら辺は35億+2468+何かの組み合わせでカードのかぶりがない素数です。

 

3529712983

35億肉ない肉屋さん。肉ない肉屋さん単体でも素数です。

 

ちなみに実際に大会で出したのは

3512121281です。

 

35億素数以外にも、確実に勝てるようになるための対策もしました。

特に7~8枚出し四つ子素数を繰り広げてくるOTTYさんが苦手相手だったため、その対策が必然と中心になってきました。

「絵札が多めにあるのに素数を知らない故に返せない」というのを避けるために、6枚11桁と7枚12桁を強化して臨みました。

このあたりの素数は、この素数表記事にも載せてあります。

prm9973.hatenablog.com

 

二連覇へ

f:id:prm9973:20181202232303j:plain


10月7日午前0時、とうとう素数大富豪MATH POWER杯の日がやってきました。

それぞれのプレイヤーがこの日に向けて備え、それぞれ素数を覚えてきての対戦。

レベルも格段と上がっています。気を抜ける試合は一つもありません。

f:id:prm9973:20181202224407j:plain

トーナメント表を見る限り、北海道の仲間であり要警戒のOTTYさん、マモさんとは準決勝で当たる可能性があり。せきゅーん杯で敗れたカステラさんとは当たるとしたら決勝。

第一の山場は準決勝になりそうです。また、まだ未知の強プレイヤーが登場してくるかもしれません。

 

 

○2回戦(vsくじらさん)

今年は初戦から放送試合でした。最初から負けたら元も子もないので、確実に勝ちに行く方向で臨みました。

も:(A233577TJKX)
く:(23445899JQX)
も:T33
く:D(7)%
も:KXJ|X=K
く:D(6)%
も:57[GC]
も:A27#

く:(A233359QQKX)
も:(245779TJQKK)
く:D(4)59
も:QK
く:D(7)%
も:947
く:QQK,P(456)
も:257
く:QA3
も:KTJ#

 

○3回戦(vsぶっちさん)

準決勝になると余裕がなくなると予想されるため、35億など面白い素数を出すならココかなと思い、手札が揃いそうになったらペナルティを挟んで攻めのプレイをしてみました。途中、初期に絵札なしだったり、絵札がQしかなかったり、やや苦しめなカードでしたが、35億素数や2KAKAKA素数などで盛り上げることができてよかったです。

ぶ:(A446778TTKX)
も:(A2567899QQQ)
ぶ:647
も:D(4)658,P(QKX)
ぶ:D(3)47
も:D(5)57[GC]
も:D(9)9629
ぶ:8TTK,P(237J)
も:X5QQQ8A|X=3
ぶ:%
も:9Q4K#

ぶ:(A22447789JX)
も:(33455667799)
ぶ:D(6)A6=2^4
も:D(T)57[GC]
も:D(6)66653
ぶ:D(8)4889J,P(A28TK)
も:D(3)3
ぶ:X
ぶ:89
も:D(T)94,P(QQ)
ぶ:47
も:D(Q)T9
ぶ:8J
も:D(K)QK
ぶ:D(K)%
も:QQT3
ぶ:%
も:947#

ぶ:(245578TTTQX)
も:(AA233789JJQ)
ぶ:D(2)QT27,P(2667)
も:D(5)57[GC]
も:D(3)2A3J3J3A
ぶ:%
も:Q89#

 

○準決勝(vsマモさん)

北海道同士の対決。途中、8枚出しや6枚出しに返せなければ負けるという状況が何度かありましたが、ここで6枚11桁や7枚12桁の対策の成果が出て、返すことができました。

も:(23344679JQX)
マ:(AA25579TJQK)
も:D(7)4643
マ:D(7)5527
も:D(5)9773,P(6QKX)
マ:9Q7
も:D(8)KXJ|X=K
マ:D(3)%
も:8623
マ:D(9)9KTJ
も:D(4)%
マ:3AA#

も:(3488JJQKKKK)
マ:(AA3345678QX)
も:4KKK
マ:D(7)%
も:KJQJ
マ:D(A)%
も:883#

マ:(A22356789JQ)
も:(2333467JQKK)
マ:987526A3
も:D(A)34KQKA2J
マ:%
も:6733#

マ:(A237799TTKX)
も:(AA2678TJQQK)
マ:D(3)97332A
も:6QJTQK
マ:D(7)%
も:87A2A#

 

○決勝(vsカステラさん)

因縁の対決。カステラさんは持ってる絵札で最大限の火力の素数を出してくる好プレイでしたが、こちらも絵札枚数には恵まれていたため、対抗することができました。最終試合で絵札1枚分不足からのジョーカー引いたときはアツかったですね!

この試合に関しては、3戦すべてにグロタンカットが揃っており、その後押しがあってこそ取れたという面もあります。

も:(2245679TTKX)
カ:(236678TJKKK)
も:D(J)46229
カ:D(3)76633,P(A678X)
も:57[GC]
も:KTTXJ|X=Q#

カ:(246689TKKKX)
も:(A23457TJJKX)
カ:KXTKK|X=Q
も:KXJTJ|X=K
カ:%
も:57[GC]
も:A423#

カ:(34568TTJJKK)
も:(245579JQQKX)
カ:KTTJKJ
も:D(X)XKQQXJ|X=K|X=T
カ:%
も:57[GC]
も:4259#

 

 

 

今回の素数大富豪大会全体のまとめでこんなツイートがありました。

 

さて、このような感じで、無事に二連覇を達成することができたわけですが、この急激なレベルアップの中タイトルを保持できたのも、日頃の素数大富豪で遊ぼう会で切磋琢磨している仲間たちがいてこそというのが大きいです。

競る相手がいなければ成長もしづらいので、そういう環境にいることができたことには感謝しています。

 

この先ですが、MATH POWER杯があればもちろん期待に応えて三連覇を狙いに行くつもりです。そろそろルール調整が必要なんじゃないかと言われるようになってはきましたが、どんどん素数大富豪が発展していくのは楽しいですし、これからも上を目指していきたいですね。別タイトルもとってみたかったりします。

 

以上、長々と自分語りになってしまいましたが、最後まで読んでくださった皆さんありがとうございます!

 

明日は、マモさんによる素数トランプの記事です。楽しみですね!

mamo0283.hatenablog.com

 

*1:当時はまだ二世さん主催時代でした

*2:素数大富豪で遊ぼう会in札幌の伝統(?)で、遊ぶ前に、その日出したい素数を紙に書いて紹介してもらうというのがありました。

*3:せきゅーん杯の初代優勝者

素数大富豪で遊ぼう会 2018年11月

本日11月29日はいい肉の日ですね。

1129は素数なので素数日でもあります。

 

さて、この11月も素数大富豪で遊ぼう会が2回開催されましたので簡単な活動報告を致します。

 

8~9月の報告

prm9973.hatenablog.com

 

第30回 1103の巻

2018年11月3日(土祝)13:00~19:00

札幌市アカシア若者活動センターにて

参加人数:7人

 

早くも30回目の開催となりました。ここまで来てくださった皆様には感謝ですね。

この日はマモさんが素数トランプ*1を持ってきてくださり、大いに盛り上がりました!

f:id:prm9973:20181128185831j:plain

こんな感じです。必然的に奇数が多めになるので、偶数消費型の素数が全く通用しなくて難しい!!!2枚出しでやっとです。

 

 MATH POWER後というのもあり、皆さん能力値を解放されて大きい素数がたくさん出ました。マモさんの出会い力は相変わらずです。

 

1桁素数大富豪用デッキ

この日はウノを1桁素数大富豪用に組み替えたデッキを使って1桁素数大富豪もしました。

カード内訳は、0が4枚、1~9が8枚、ジョーカーが3枚の計79枚です。

1桁素数大富豪、結構楽しいです。

f:id:prm9973:20181128202101j:plain

8枚出しが続いたときの写真です。

OTTY: 81210599

マモ: 98765431

もりしー: 99736613

OTTY妹: 99854401

このラリーで、9が8枚中7枚出ています。1桁素数大富豪の場合、後ろに9を付ける出し方はもったいないですね(OTTYさん談)

 

注目のプレイヤー登場!?

OTTYさんの友人であるなきゃのさんが夏くらいから?素数大富豪を始め、OTTYさんと毎日のように戦っているとのこと。11月は2回とも来てくださり、何度か対戦しました。

3枚出しをあまり覚えてないといいながらも、他に誰も知らないような5枚出しや7枚出しをしれっと出してくるので油断していられません。

 今後注目のプレイヤーということで楽しみですね!

 

11月3日に出た素数合成数たち

f:id:prm9973:20181128192436p:plain

f:id:prm9973:20181128200521p:plain

7枚出し以上が21回と、これまでよりも明らかに増えています。

今回出た最大素数1313101012111211は、16桁である故にエクセルで通常処理することができず、自動的に四捨五入されてしまいます(汗)

とうとう素数大富豪もエクセルが対応できない領域に達してきました...

 

1~3枚出しに通常出せない素数が出てきていますが、これは素数トランプで出した素数です。5枚出しの40009*2はウノを使って1桁素数大富豪をしたときのですね!

 

第31回 1123の巻

2018年11月23日(金祝)13:00~19:00

札幌市若者総合支援センターにて

参加人数:7人

 

 

この回は大きい素数がなおさらたくさん出たので、最初から出た素数をお見せします。

f:id:prm9973:20181128230515p:plain

f:id:prm9973:20181128230537p:plain

f:id:prm9973:20181128230621p:plain

 

はい、まず3枚出しがとんでもない回数(170回くらい?)出てますけどそれは置いといて、7枚出しの32回も過去ぶっちぎりトップですね。

グロタンカットが27回出てるのもすごいです。

 

四つ子素数率はかなり高いです。

f:id:prm9973:20181128235157p:plain

7枚出し以上32回のうち、なんと11回が四つ子素数

みんな四つ子覚えているんだな~

 

 

次回予告

というわけで、次回の素数大富豪で遊ぼう会は12月13日(木)の15~22時、北大博物館カフェぽらすで行います!今年最後のチャンスなのでぜひお越しください!

f:id:prm9973:20181129000224j:plain

prm9973.hatenablog.com

また、エデン札幌で行っている素数大富豪バーは12/17(月)が今年最後です。

 

もう一つ、12/23(日)18-21時に、素数大富豪忘年会を行います!

北18条のノースエイムの小会議室を取っているので、皆さんお好きなお酒やおつまみなどを自由に持ち寄って、素数大富豪について語り合いましょう!

ツイキャスもします。コラボキャスも受け付けようと思いますので、札幌に来れない方で希望の人は連絡くださればと思います!

会費は未定ですが0~500円程度の予定です。大雑把な人数は把握しておきたいので、参加希望の方はもりしーのTwitterDMまで一報くださるとありがたいです!(当日参加も歓迎です!)

*1:1と2~97までの素数のカードしかないトランプ

*2:エデンの園素数という。通常の素数大富豪1デッキで出せない最小の素数なのでそう名付けられた。

素数大富豪素数表(もりしー2018ver.)

本日は、今まで私が作ってきた素数表の多くをここでまとめて公開したいと思います。

 

というのも、大会前などは特に、上級者は自分が知ってる素数を相手に知られると大会で不利になることを考慮して、手の内を明かさない場合が多かったのですが、結局隠したままでは発展がないのではと感じることが多かったからです。

 

つまりは、短期的には手の内を明かされて上級者同士の争いで不利になったとしても、長期的に見れば、「上級者がこういう素数を覚えている」という情報が初~中級者に知られるわけです。それを見て強くなる人や強くなりたいと思う人が増えれば、素数大富豪全体としては盛り上がりが望める、ということです。

 

最近素数大富豪仲間たちとの会話の中でもこういう話をする機会があり、今回ここで公開する運びとなりました。

 

もっと質の良い素数表を持ってる!という人もいるはずです。

これを皮切りに、さらに素数大富豪が盛り上がることを願います。

 

なお、制作途中が完成したり、改訂版や新しい素数表を作った場合、ここに追加、更新していく予定です。

4枚出し編

①4枚8桁、7桁表(2017年)

f:id:prm9973:20181119020610p:plain

 

②4枚6桁表(2018年3月)

f:id:prm9973:20181119020719p:plain

 

③4枚5桁表(2018年4月頃~、制作途中)

f:id:prm9973:20181119020827p:plain

 

④4枚4桁→5枚5桁派生表(2018年10月~、制作途中)

f:id:prm9973:20181119021151p:plain

※クリックしてご覧ください

 

5枚出し編

①5枚10桁(2018年1月頃)

f:id:prm9973:20181119022429p:plain

 

②5枚9桁(2018年2月頃)

f:id:prm9973:20181119022539p:plain

 

③5枚8桁(2017年12月頃)

f:id:prm9973:20181119022742p:plain

 

④5枚7桁(2017年12月頃)

f:id:prm9973:20181119022921p:plain

 

⑤5枚6桁(2018年2月頃~、制作途中)

f:id:prm9973:20181119023018p:plain

 

⑥5枚5桁(2017年11月頃)

f:id:prm9973:20181119023308p:plain

 

⑦等間隔素数表(2018年6月~、制作途中)

f:id:prm9973:20181119030942p:plain

 

6枚出し以上編

①6枚11桁表(2018年9月)

f:id:prm9973:20181119023541p:plain

 

②7枚12桁表(2018年9月)

f:id:prm9973:20181119023853p:plain

f:id:prm9973:20181119023936p:plain

 

③35億素数表(2018年9月)

f:id:prm9973:20181119024034p:plain

 

④四つ子素数表(2018年9月)

f:id:prm9973:20181119024356p:plain

 

⑤五つ子素数表a(2018年10月)

f:id:prm9973:20181119024121p:plain

※末尾に1,3,7,9,Kの素数富豪的な五つ子ではなく、一般的な五つ子です

 

⑥81210派生形(2018年11月)

f:id:prm9973:20181119024520p:plain

 

⑦語呂合わせ素数表(2017年9月頃)

f:id:prm9973:20181119031242p:plain

f:id:prm9973:20181119031313p:plain

 

合成数

①2枚出し以下合成数(2018年1月頃)

f:id:prm9973:20181119025446p:plain

 

②3枚3、4桁合成数(2018年1月頃)

f:id:prm9973:20181119025606p:plain

 

③3枚5、6桁合成数(2018年1月頃)

f:id:prm9973:20181119025719p:plain

 

④4枚8桁合成数(2018年3月頃)

f:id:prm9973:20181119025852p:plain

ハロウィンに7進素数大富豪を

こんばんは。もりしーです。

 

世間はハロウィンですね。

素数大富豪プレイヤーとしてどんな仮装がありうるだろうかと考えていたところ、

 

「自分が仮装する」のではなく

素数大富豪が仮装する」という視点もアリ(?)だと思いまして、本日紹介しますのはこちら

 

7進素数大富豪

 

そう、7進数の素数大富豪です。普段の10進法から仮装で7進法になるのです。

 

以前に12進素数大富豪で遊んでいるツイート(数学デー?)を拝見しましたが、7進となると2の倍数の判定すら困難で仮装感が増しますね!

 

もちろん通常のトランプで遊ぶことができます。

つまりは、10進(通常)は10から2桁カードになりますが、7進だと7から2桁カードの扱いになります。

 

こちらの表をご覧ください。

f:id:prm9973:20181031195640p:plain

はい、見るからに混乱する要素しかありません笑

 

さて、1枚出し素数は上の表でわかる通り、10進となんら変わりありませんが、2枚出し以上になるともう大変です。

 

ためしに、2枚出し4桁の素数表を作ってみました*1

f:id:prm9973:20181031195601p:plain

たとえば、「8」と「9」を場に出した場合、それは7進法の1112という数字になり、素数なので出すことができます。10進法に換算すると401なので、確かに素数だ、という感じなのですが、調べ上げるのすら大変です。

 

「QK」は10進でも7進でも素数ですね。なお7進の場合「QJ」と双子素数です。

でも7進の1213は素数ではありません。7進では1213=QKではないのです*2

 

3枚出し以上の場合はどうでしょう。

とりあえず3、4枚出しの最大素数を調べてみました。

KKN(161612*3)が3枚出し最大素数

KKQN(16161512*4)が4枚出し最大素数

 

ぜひ、ハロウィンに7進素数大富豪をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後に、200までの素因数分解表をどうぞ。

 

覚悟してください、10は素数ですよ!!!

 

f:id:prm9973:20181031202015p:plain

※黄色が素数

 

*1:正確には、今年の4月に既に作っていました。

*2:7進でのQKは1516です。

*3:10進の31859

*4:10進の1561247

ブログ1周年&MATH POWER報告

本日10月19日をもちまして、素数交響曲第2番は開設1周年を迎えました。

これまでありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

せっかくなので、1019にまつわるお話を1つ。

1019は素数で、20181019も素数です。

 

それだけでなく、19は素数で、181019も素数です。

はい。100進数で表したとき、どの桁で区切っても素数になるので、100進切り取り可能素数となります。

 

では、普段我々が使っている10進数ではどうでしょうか。

 1桁目だけ明らかにダメですね笑

でもここまで素数がそろうのもすごいのではないでしょうか。

 

ここでこういう問題を考えることができます。

年月日を8桁で表したとき、それが10進切り取り可能素数となる日付はあるのか。

ある場合、直近はいつであるか。

 

10進切り取り可能であるならば、100進切り取り可能であることを含んでいるので、まさしく究極の素数デーですね。

 

いつなのでしょうか。気になるところです。(ある前提)(間違いなくあるでしょう)

 

追記(本稿の1時間後):カステラさんから早速解答をいただきました!!

来年5月23日って、素数大富豪5周年ではありませんか!!!!!

すごい!!!!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

続いてMATH POWERの報告です。

 

10月6~7日に六本木ニコファーレで行われたMATH POWER2018。

今回はほぼフル参加で楽しむことができました!

 

 

まず最初にですが、深夜企画の素数大富豪MATH POWER杯において、無事二連覇することができました!!

 

昨年のMATH POWER杯以降、新規の強プレイヤーが増え、散々対策された結果、今年1月のせきゅーん杯*1では準々決勝で敗退という悔しい結果に終わりました。

特に、この1年で素数大富豪のトップレベルがかなり上がっており、「2017年に優勝」と「2018年に優勝」とでは天と地ほどの差があります。

そんな中で、優勝だけでなく、「連覇」という形で素数大富豪の歴史に残せたのは大変意義深いことでした。

本当に、ここまでスリリングな戦いができたのも、これまで切磋琢磨してきた素数大富豪仲間たちと、応援していただいた皆様のおかげです。

 

ちなみに、優勝賞品は、暗黒通信段の素数表など5点セットでした。

f:id:prm9973:20181019224840j:plain

MATH POWER二連覇までの道のりについての詳しい話は、12月頃にアドベントカレンダーがあれば(なくても)改めて記事にしたいと思います。

 

 

さて、深夜企画の素数大富豪が終わったのが午前7時だったわけですが、なんと9時からは「数学の決闘」という、数学の問題を解いて得点を競う企画があり、「北海道素数大富豪チーム」として5名でエントリーをしていたため、眠い目をこすっての参加となりました。

昨年も出場したOTTYさんの采配のおかげもあり、チームに少しでも貢献できたのかな、と思います。(第3セットにゴリ押しでいける問題があり、素数大富豪の合成数出し(二冪)の知識を活用して一瞬で問題解けたときはアツかったです!)

 

実質、ほとんどネタ枠()でしたが、全てのセット、かつ合計得点において素数点をたたき出すことができ、大いに盛り上がったのではないかと思います!

 

メンバーの皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

*1:MATH POWER杯とは別の公式大会